現場テラゾー・研ぎ出し工法

中屋敷左官工業 HOME >こだわりの左官工事 > 現場テラゾー・研ぎ出し工法

現場テラゾー・研ぎ出し工法とは?

自然光の反射による物で、ワックス等は一切塗ってりません。

大理石などの砕石とセメントを混練りしたものを塗りつけ、硬化後に表面を研磨・艶だしして仕上げる工法で、耐久性に優れている上、砕石の種類や着色顔料の選定によって自然な素材感と豊かな表情を出すことができます。

現場テラゾーの一番の特徴は、デザインの自由度が高く大きさや形も自由自在で、曲面などもつくることができ、かつそれをシームレス(継ぎ目無く)に仕上げる事ができることです。

このページのトップに戻る

施工例-ドリンクカウンター

札幌JRタワー6階にあるお店のドリンクカウンターを現場テラゾーで作ったときものです。こちらのドリンクカウンターは、L型で高さ1.1メートルあり、角が丸型の一体構造で継ぎ目の一切無い物という大変難しい形状でした。施工条件も札幌駅ビルのテナント工事ということもあり、材料の搬入及び、施工時の周囲を汚さないようにテントのような囲いを作り、その中での作業と言うことで、非常に厳しい施工条件でした。

施工写真

砕石塗りつけ状況

テラゾーの砕石は大きいので熟練工で無ければ、うまく仕上げることができません。

砕石塗りつけ完了状況(これから7行程にわたり研ぎあげます)

現場テラゾーによるカウンターが完成しました !!



カウンターの下地をコンクリートブロックで作成し、それに下地モルタルを塗りつけ(もちろん、ファイバーモルタル!)、カウンターの形を作り、その上に黒色の顔料とセメントを混ぜた物に1センチ程度の砂利(今回使用した砂利:美濃黒石)を混入し、石を叩き込むように塗りつけます。それが、乾燥してから表面を7行程にもわたり、荒い目から徐々に細い目の順で研ぎあげていき、その研がれた石の断面が表面に表れ、研磨後は見事に艶が出て輝きます。ワックス等一切掛けなくてもその自然の輝きを保っています。

施工フロー

Step1

下地をコンクリートブロックで作成

Step1

下地モルタルの塗りつけ

Step1

砕石塗りつけ

Step1

研ぎあげ(7回)

Step1

完成!


詳細は作品集をご覧下さい
このページのトップに戻る

施工例

うどん店・内装

H邸・現場テラゾー

テラゾーカウンター


バーカウンターの研ぎ出し仕上げ

手稲曙公園・滑り台

幼稚園・水遊び場


幼稚園・手洗い場

幼稚園・手洗い場

幼稚園・手洗い場


その他の施工例は作品集をご覧下さい
このページのトップに戻る
お問い合わせ・お見積りはお気軽にお寄せ下さい
メールでのお問合せ